枚方・交野地区保護司会の紹介

枚方・交野地区保護司会の紹介

保護司は、保護司法に基づき、都道府県の区域を分けて定められた保護区のいずれかに属し、保護区ごとに保護司会を組織するとされています。

これらの保護司会は、都道府県ごと(北海道では保護観察所の管轄区域ごと)に保護司会連合会を組織しています。
また、地方更生保護委員会の管轄区域ごとに地方保護司連盟が、全国組織として全国保護司連盟がそれぞれ組織されており、いずれも保護司の諸活動の充実・強化を図る上で重要な役割を担っています。

枚方市と交野市は、定められた保護区が両市にまたがっているため、「枚方・交野地区保護司会」いう一つの保護司会を組織し、現在は109名(平成29年9月現在)の保護司が所属しています(保護司定数は121名)。
保護司会は、毎月の定例会や定期的に実施する各種研修の他に、更生保護女性会・BBS会・協力雇用主会との合同研修、社会を明るくする運動など様々な活動を、テーマ別に組織された各部会ごとに分担し取り組んでいます。

 

広報誌「みのり」

下記のバックナンバーを、PDF形式でご覧いただけます。

第83号(平成30年1月1日発行)
第82号(平成29年7月1日発行)

*なお、PDFファイルをご覧になるにはAdobe Reader(R)が必要です。   get_adobe_reader

  お持ちでない場合は右記リンク先より入手してインストールしてください。