”社会を明るくする運動”について

第66回“社会を明るくする運動”実施要綱

趣 旨   “社会を明るくする運動”は、すべての国民が犯罪や非行の防止と、罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない安全・安心な地域社会を築く全国的な運動である。

 

名 称   第66回“社会を明るくする運動”

~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~

 

目 標  ①犯罪や非行のない安全・安心な地域社会を築くための取組を進めよう

      ②犯罪や非行をした人たちの立ち直りを支えよう

      

標 語   「 せめるより 許す心と 思いやり 」 

期 間   平成28年 7月 1日~31日(強調月間) 

主 唱    法務省

 

組 織   枚方・交野地区社会を明るくする運動実施委員会 

<構成団体(枚方市・交野市)>

市 市議会 教育委員会 警察署 大阪保護観察所 枚方寝屋川消防組合消防本部 交野市消防本部 枚方市コミュニティ連絡協議会 交野市区長会 民生委員児童委員協議会 PTA協議会 枚方・交野地区保護司会 枚方・交野地区更生保護女性会 枚方・交野地区BBS会 枚方・交野地区協力雇用主会 枚方市青少年問題協議会 枚方市青少年育成指導員連絡協議会 交野市青少年指導員会 交野市こども会育成連絡協議会 少年補導員連絡会 少年補導協助員会  防犯協議会 校園長会 母子寡婦福祉会 枚方市父子福祉会 社会福祉協議会 枚方市校区福祉委員会協議会 交野市校区福祉委員会 枚方人権まちづくり協会 交野市人権協会 枚方地区事業場防犯協会 枚方青年会議所 北大阪商工会議所 枚方市商業連盟 枚方・交野市内各郵便局 北河内農業協同組合 枚方ライオンズクラブ 枚方ローズライオンズクラブ 枚方中央ライオンズクラブ 枚方桜花ライオンズクラブ 枚方ロータリークラブ くずはロータリークラブ 交野ロータリークラブ 国際ソロプチミスト枚方-中央 国際ソロプチミスト大阪-北東 医師会 歯科医師会 枚方市薬剤師会 枚方市薬業会 枚方市赤十字奉仕団 遊技業組合 スカウト協議会 ひらかた仙亭 枚方信用金庫            (順不同)

 

行 事 予 定 

1.更生保護の日  

・7月1日を期して社明運動強調月間がはじまる

・広報紙にてPR「広報ひらかた(6月号)」「広報かたの(6月号)」など

・懸垂幕、横幕、立看板の掲揚  市役所・ラポールひらかた・ゆうゆうセンター

・ポスター掲示 各地区内掲示板など

・中央推進委員会作成リーフレット配布

 

2.街頭PR

(1)パレード(雨天の場合は中止)

   【日時】7月5日(火) 午前10時~

   【行程】枚方市市民会館大ホール前

    ↓

枚方市駅ロータリー経由

    ↓

枚方市市民会館大ホール前

 

(2)セレモニー

   【日時】7月5日(火) 午前10時30分~

   【場所】枚方市市民会館大ホール内

○枚方市立枚方幼稚園の遊戯

○「なでしこコーラス」の合唱

○式典

○関西外国語大学 チアリーダー部の演技

○関西外国語大学 吹奏楽部の演奏

○アカルイーネちゃん・ひこぼしくん・おりひめちゃんの参加

(3)救急絆創膏配布

   【実施日】7月5日(火)

①  昼の部 

式典終了後    京阪 枚方市駅北口・南口、枚方公園駅前

 

②  夜の部

17時~     京阪 樟葉駅前、牧野駅前、イズミヤ枚方店

            JR 津田駅前、長尾駅前、アルプラザ枚方店

 

18時~     京阪 交野市駅前、私市駅前、郡津駅前

JR 河内磐船駅前、星田駅前

 

 

 

(4)イベント参加

◎枚方まつり  8月20日(土)、21日(日)

       ○啓発風船、絆創膏配布

       ○アイスクリームの販売

       ○施設作品矯正展(枚方・交野地区更生保護女性会)

 

(5)標語パネル(吊り看板)の掲示

 

 

3.枚方・交野地区更生保護大会

【日時】9月17日(土)午後1時開会  4時30分終了予定

【場所】交野市立保健福祉総合センター 4階 交流ホール

【内容】第66回「社会を明るくする運動」

       ○演奏  交野市立第一中学校 吹奏楽部

       ○式典  

       ○講演  地域でつくる安全・安心な社会つくりに関するシンポジウム

       1.基調講演 保護観察所長

       2.シンポジウム「地域のチカラが犯罪や非行を防ぐ

                  地域のチカラの具体的な取り組み状況」

       ○催し物

 

4.標語入り「クリアファイル」を配布

   【配布対象】枚方・交野両市 中学3年生 

 

5.作文コンテスト(小・中学生対象)

    日常の家庭生活や学校生活の中で、非行について感じていること、体験したこと等をテーマにした作文の作成を通じて本運動の趣旨を理解していただく。

 

6.ホームページで保護司会活動のPR

本日の社会を明るくする運動は一部中止します。

本日、開催の社会を明るくする運動は、雨天のため、以下の通り予定を変更して開催します。

[午前の部]
 9時40分~  青色防犯パトロールカー贈呈式

 10時(中止) 街頭パレード

 10時30分~ 式典・アトラクション

 12時~    街頭キャンペーン (於:枚方市駅、光善寺)

[午後の部]
 17時~    街頭キャンペーン (上記以外の枚方市内)

 18時~    街頭キャンペーン (交野市内)

※会場周辺は混雑しますので、公共交通機関をご利用にご協力下さい。

 

【社会を明るくする運動実施委員会 事務局】
  枚方・交野地区保護司会
  (枚方市社会福祉協議会内)
   電話 072-844-2443 又は 072-807-3448 

第64回”社会を明るくする運動”概要決定

5月9日開催の「第64回社会を明るくする運動 実施委員会」で、実施要綱が可決されました。

[趣 旨]
“社会を明るくする運動”は、すべての国民が犯罪や非行の防止と、罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない明るい社会を築く全国的な運動である。

[名 称]
第64回“社会を明るくする運動”
 ~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~

[目 標]
①犯罪や非行をした人たちの立ち直りを支えよう
②犯罪や非行に陥らないよう地域社会で支えよう
③これらの点について、地域社会の理解と協力の輪を広げよう

[標 語]
『思いやる 気持ちと言葉 大切に』

[期 間]
平成26年7月1日~31日(強調月間)

[主 唱]
法務省  ※法務省「社会を明るくする運動」サイトはこちら

[組 織]
枚方・交野地区社会を明るくする運動実施委員会

[月間行事]

1.更生保護の日  7月1日(火)(街頭PRの日)
 ●7月1日を期して社明運動強調月間がはじまる
 ●広報紙にてPR「広報ひらかた(6月号)」「広報かたの(6月号)」など
 ●横幕、立看板の掲揚 (市役所ほか)

 ●ポスター掲示 (各地区内掲示板など)
 ●中央推進委員会作成リーフレット配布

2.街頭PR
(1)パレード(雨天の場合は中止)
 【日時】7月1日(火) 午前10時~
 【行程】枚方市市民会館大ホール前
       → 枚方市駅ロータリー経由 → 枚方市市民会館大ホール前

(2)セレモニー(式典)
 【日時】7月1日(火) 午前10時30分~
 【場所】枚方市市民会館大ホール内
 ●枚方市立枚方幼稚園の遊戯
 ●「なでしこコーラス」の合唱
 ●式典
 ●関西外国語大学 チアリーダー部の演技
 ●関西外国語大学 吹奏楽部の演奏

(3)救急絆創膏配布
 【実施日】7月1日(火)
① 昼の部 
 ●式典終了後
   京阪 枚方市駅北口・南口、枚方公園駅前、イズミヤ枚方店
② 夜の部
 ●17時~ 京阪 樟葉駅前、牧野駅前
        JR 津田駅前、長尾駅前、アルプラザ枚方店
 ●18時~ 京阪 交野市駅前、河内森駅前、郡津駅前
        JR 河内磐船駅前、星田駅前

(4)イベント参加
『枚方まつり』  8月23日(土)、24日(日)
 ●啓発風船、絆創膏配布
 ●アイスクリームの販売
 ●施設作品矯正展

(5)標語パネル(吊り看板)の掲示

3.枚方・交野地区更生保護大会

 【日時】7月24日(木)午後1時30分開会
                 4時30分終了予定
 【場所】交野市立保健福祉総合センター 4階 交流ホール
 【内容】第64回「社会を明るくする運動」
  ●演奏  交野市立第一中学校 吹奏楽部
  ●式典  
  ●啓発講演
    演題「児童虐待の現状と対策」
     ~特に家庭及び地域社会と学校との連携について~
        講師 大阪府児童虐待等危機介入援助チーム
            児童虐待防止協会 理事
             弁 護 士 石 田  文 三 氏

4.標語入り「クリアファイル」を配布
   【配布対象】枚方・交野両市 中学3年生

5.作文コンテスト(小・中学生対象)
 日常の家庭生活や学校生活の中で、非行について感じていること、体験したこと等をテーマにした作文の作成を通じて本運動の主旨を理解していただく。

第63回社会を明るくする運動 作文コンテスト結果発表

第63回社会を明るくする運動の一環で取り組まれている「作文コンテスト」入賞作文が公表されました。

作文コンテストは、第43回(平成5年)の運動から始まり、今回で21回目を迎えました。
枚方・交野地区では8月末で応募を締切、選考後、小学生・中学生各3作品、計6作品を大阪府のコンテストに推薦した結果、うち1作品が佳作となりました。

 ◎全国の結果はこちら(法務省)

 ◎大阪府最優秀作品「ひまわり奨励賞」はこちら(PDF)

開催に際し、多くの方のご協力を頂き、ありがとうございました。

平成25年度大阪更生保護大会に参加しました

枚方・交野地区からは、35名・1団体の皆様に表彰の伝達が行われました。

今回は、毎年「社会を明るくする運動」式典のオープニングで演技をしていただいている枚方市立枚方幼稚園さんが、『第63回”社会を明るくする運動”民間功労者』 として表彰の栄誉に付され、代表者として壇上で大阪保護観察所長から表彰状を受けていただきました。

また、式典に先立ち記念講演が執り行われ、NPO法人北九州ホームレス支援機構 理事長 奥田知志さんが『生活困窮者支援から見た更生保護』と題して累犯者の更生に取り組む実践事例を紹介、更生の過程で欠かせない対人支援について熱心なお話を伺いました。

”社会を明るくする運動”について

「社会を明るくする運動」の意義

「社会を明るくする運動」は、すべての国民が、犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの改善更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない地域社会を築こうとする全国的な運動です。犯罪や非行が生まれるのは、地域社会であり、また、罪を償い、改善更生を果たす場もまた地域社会に他なりません。罪を犯した人も非行のある少年も、いずれは改善更生して社会に復帰し、地域社会の一員として、より良い社会の実現を担う立場にあります。犯罪や非行のない安全・安心な社会を築くには、犯罪や非行から立ち直ろうとする人たちの意欲を認め、地域社会の中に受け入れ、見守り、支えていくことが不可欠です。一方、今日、急速な少子高齢化と核家族化が進む中で、家庭・学校における教育機能の低下、社会の規範意識の希薄化、我が国において伝統的に犯罪を抑止する要因として機能してきた地域社会の連帯機能の低下等が指摘されています。このような中、犯罪や非行を防止し、罪を犯した人や非行のある少年の立ち直りを助け、これらを含めたすべての人が共に暮らせる安全・安心な社会を実現するためには、多くの方々の理解と協力、関係機関・団体の組織を超えた連携が不可欠です。

「社会を明るくする運動」の誕生

この「社会を明るくする運動」はどのように誕生したのでしょうか。昭和24年7月1日に非行少年や犯罪者の立ち直りの支援と、犯罪の予防を目的とした犯罪者予防更正法が施行されました。これによって更生保護制度が新しくスタートしましたが、戦後の荒廃した社会の中にあって、街にあふれた子ども達の将来を危惧していた東京・銀座の商店街の有志が、この法律の趣旨に共鳴し、同年7月13日から1週間にわたって「犯罪者予防更生法実施記念フェアー(銀座フェアー)」を開催しました。この銀座フェアーは銀座を挙げての行事であり、軽音楽等の様々な催しが行われたほか、銀座の飲食店の従業員延べ2,000人が炎天下、保護少年のために二葉のバッジを売り、その売上げを更生保護のために寄付しました。この銀座フェアーが刺激となり、また、同フェアーと翌25年に開催された「矯正保護キャンペーン」を通じて、犯罪の防止と犯罪を犯した人たちの立ち直りには一般市民の理解と協力が不可欠であるとの認識が深まり、昭和26年、この活動を「社会を明るくする運動」と名付け、社会に広めることとしました。これが、「社会を明るくする運動」の始まりです。第1回の「社会を明るくする運動」では、中央行事として全国保護司大会等が開催され、矯正・更生保護に関する壁新聞、リーフレットの発行、ラジオ放送による広報活動などが行われました。また、地方行事としては、矯正管区単位で収容少年の野球大会、学校・PTAに対する更生保護関係者を講師とする巡回講演、「社会を明るくする運動」強調運動記念の「市民の集い」などが実施されました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

枚方・交野地区「社会を明るくする運動」に関する過去の記事はこちら

【第64回 社会を明るくする運動】
 ○ パレード・式典 など (平成26年7月1日)
 ○ 地区更生保護大会  (平成26年7月24日)
 ○ ひらかたまつり    (平成26年8月23~24日)
 ○ 作文コンテスト    (平成26年7月~8月) 

【第63回 社会を明るくする運動】
 ○ パレード・式典 など (平成25年7月2日)
 ○ 地区更生保護大会  (平成25年7月25日)
 ○ ひらかたまつり    (平成25年8月24~25日)

【第62回 社会を明るくする運動】
 ○ パレード・式典 など (平成24年7月3日)
 ○ 地区更生保護大会  (平成24年7月25日)
 ○ ひらかたまつり    (平成24年8月25~26日)
 ○ FMひらかたに出演  (平成24年7月3日) 

【第61回 社会を明るくする運動】
 ○ パレード・式典 など (平成23年7月1日)
 ○ 地区更生保護大会  (平成23年7月21日)
 ○ ひらかたまつり    (平成23年8月20~21日)

【第60回 社会を明るくする運動】
 ○ パレード・式典 など (平成22年7月1日)
 ○ 地区更生保護大会  (平成22年7月23日)
 ○ ひらかたまつり    (平成22年8月29日~30日)