ホーム > 福祉の事業 > 校区福祉委員会

福祉の事業

校区福祉委員会

校区福祉委員会とは…

 社会福祉協議会とともに、「福祉のまちづくり」を進める目的で小学校区ごとに設けられた住民主体の地域福祉活動組織です。自治会、老人会、子ども会、PTA、青少年を守る会など各種団体の代表や民生委員・児童委員、青少年育成指導員などの関係者、地域のボランティアなどで構成されている自主的な組織です。枚方市では、45小学校区すべてに設置されています。

校区福祉委員会の活動

 各校区福祉委員会は、多くの市民の参加協力を得て活動が進められ、その内容は、おおむね次の3つに分かれています。

■小地域福祉活動の推進

 小地域ネットワーク活動・福祉マップ作成事業・福祉講演会・介護講習会など、各校区の実情に応じて、市民とともに取り組まれる活動。

■組織強化活動

 総会・役員会・福祉委員会などの会議の開催や、各種の活動を支える部会・事務局・ボランティアグループの組織化などの活動。

■社会福祉協議会事業の推進への協力

 社会福祉協議会住民会員募集、歳末たすけ合い運動、献血推進事業などの社協事業を小地域で推進する核として協力するとともに、組織会員として社協の運営に参加。

校区福祉委員会協議会

校区福祉委員会協議会

 協議会は市内に設置されている校区福祉委員会で組織し、各校区福祉委員会の連絡調整を図り、社協との連携を密にし、地域福祉の増進を図ることを目的としています。

 協議会では、役員会・全体会議を開催し、事業計画・予算など運営に関する事項等について審議し決定しています。また、市内を4つのエリア(北・中・南・東)に分け、各エリア独自の会議・研修会などを実施し、情報交換・連携を密に、活動を進めています。その他、協議会独自の管外研修等をはじめ、社協との共催で活動者研修会などを実施しています。

校区エリア別地図

小地域ネットワーク活動とは

 小学校区などの小地域を単位として高齢者や障害者など支援を必要とする人を対象に、保健・福祉・医療の関係者と住民が協働して進める、見守り・援助活動です。支援を必要とする人が地域の中で孤立することなく、安心して生活できるよう地域住民による支え合い助け合い活動を展開し、あわせて地域における福祉の啓発と住みよい福祉のまちづくりを進めようとするものです。

小地域ネットワーク活動推進事業

 小地域ネットワーク活動が各地で取り組まれるようになったきっかけは、阪神淡路大震災の援助活動だと言われています。阪神間の各地に未曾有の被害を及ぼしましたが、この震災は改めて地域コミュニティの大切さを人々の心に刻み、小地域ネットワーク活動が震災直後の支援活動に大変有効であると確信を得るものとなりました。その後、大阪府下の各地で本格的な小地域ネットワーク活動の取り組みが始まりました。このような小地域での活動の推進を図るため、平成10年8月から大阪府が活動補助を行い「小地域ネットワーク活動推進事業」がスタートしました。主な事業内容としては、日常的な見守り・声かけ・簡易な家事援助などを行う「個別援助活動」と日常的な交流・援助サービスなどを行う「グループ援助活動」に分かれます。

■個別援助活動

 支援を必要とする人の安否確認や話し相手になる「見守り・声かけ」、買い物や布団干しなどを行う「家事援助」、通院や散歩の付き添いを行う「外出介助」などがあります。支援活動の当初は、ひとり暮らしの高齢者への安否確認が多かったのですが、活動を通して得た信頼関係の中で、ゴミ出しや買い物といった家事援助、障害者(児)の外出介助などへ広がりが出てきています。

■グループ援助活動

1.ふれあい食事サービス

 共に食事をすることで、交流にもなり、身心のリフレッシュにもなります。手作りの昼食は、素材・味付けなどに工夫と配慮が見られ、ひとり暮らし、高齢者など、食生活が単調になりがちな方からも喜ばれています。

2.ミニデイサービス活動

 地域住民の手作りのデイサービスは、小さな集団での「歌体操」など、参加者のニーズに合わせた取り組みが、公的サービスとは違った効果を上げています。

3.いきいきサロン活動

 身近な場所で、参加者と地域住民・ボランティアが共に企画・運営する楽しい仲間作りの場です。「ゲーム」「唱歌」「手芸」など、地域と参加者の個性があふれる取り組みが展開されています。

4.世代間交流活動

 年齢・性別の差を超えた住民の交流の場です。高齢者が子どもたちに「お手玉」「こま回し」といった伝承遊び、「わらじ作り」「しめ縄作り」などを教えたり、子どもたちが手作りのおやつを届けるなど活発な交流が行われています。また、「グラウンドゴルフ」では、高齢者と子供だけでなく、親と子などの三世代の交流が行われています。

5.子育て支援活動

 乳幼児親子を対象に、歯科医師、保健師の講演や保育士による手遊び歌、親子のスキンシップの体操など校区により様々な取り組みが行われています。平成14年度から各校区で順次開催されています。お茶を飲みながら親同士の歓談にもなり、気軽に参加できます。これらの活動以外にも、「福祉だよりの発行」などの広報・啓発活動や「福祉大学」の開催などの研修・学習活動が展開され、福祉のまちづくりが進められています。


●問い合わせ
枚方市社会福祉協議会 地域福祉課
TEL (072)807-3448