ホーム > 社協の紹介 > 生活介護事業所「くすの木園」

社協の紹介

生活介護事業所「くすの木園」

「自立をめざし、一人ひとりの必要に応じた支援を!」

くすの木園(知的障害者通所更生施設)

枚方市立くすの木園は、昭和55年(1980年)に設立されました。設立当初から枚方市社会福祉協議会が運営を受託し、平成23年1月より生活介護事業所として障害のある人たちの自立を推進するため、日々の活動を通してきめ細かな支援を行っています。

くすの木園が取り組む3つの柱+1

余暇

いろいろな経験をし、興味や関心の幅を広げて余暇活動を行っています。毎週金曜日のフライデーサークルでの外出やデザート作りなどの趣味の活動を行っています。外出活動では、車で出かけたり、近くのスーパーに買い物に行ったりと、バリエーションに富んだ取り組みを行っています。

生活

食事のマナーを身につける、身だしなみを整えるなど、食事、更衣、排せつ、整理整頓などの基本的な生活習慣を身につけ、家庭との連携をとりながら、自らができる事を増やすための支援を心がけています。

作業

障害のある人が、「働く事」によって社会に参加し、地域の中で暮らすことは、当然の権利です。くすの木園では、主に畑作業や軽作業とアルミ缶回収など、地域の方々の協力を得てリサイクル作業に取り組んでいます。

+(プラス)1

土曜日の取り組み

以上の3つの柱をプラスするものとして、月に1~2回、土曜日を開所しています。流しそうめんや鍋料理など、季節感のある調理実習や、外出活動など、平日とはちょっと違った取り組みでとても好評です。

●問い合わせ
枚方市立くすの木園 TEL (072)858-7353