ホーム > 福祉の仕事 > 福祉住環境コーディネーター

福祉の仕事

福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターとは

 福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を提案するアドバイザーです。医療・福祉・建築について体系的で幅広い知識を身につけ、各種の専門職と連携をとりながら適切な住宅改修プランを提示します。

主な仕事は、以下のようなものです。

  • 介護保険制度下での住宅改修に係わるケアマネジャーとの連携
  • 福祉施策、福祉・保険サービスなどの情報提供
  • 福祉用具、介護用品から家具までの選択と利用法のアドバイス
  • バリアフリー住宅への新築、建て替え、リフォームにおけるコーディネート

各級の基準

3級

福祉と住環境の関連分野の基礎的な知識についての理解度の確認です。

2級

3級レベルの知識に加え、福祉と住環境等の知識を実務に活かすために、幅広く確実な知識を身につけます。また、各専門職と連携して具体的な解決策を提案できる能力を求めます

1級

3級・2級で得た知識をもとに、新築や住宅改修の具体的なプランニングができ、さらに安全で快適なまちづくりへの参画など、幅広い活動ができる能力を求めます。

福祉住環境コーディネーターになるには
学歴、年齢、性別、国籍に制限はありません。2級からの受験や、3級と2級の同日受験も可能です。1級に関しては、2級合格が条件です。