ホーム > 福祉の仕事 > 精神保健福祉士

福祉の仕事

精神保健福祉士

精神保健福祉士とは

 「精神保健福祉士法」で位置づけられた国家資格です。精神障害者の保健や福祉に関する専門的知識及び技術をもって、精神障害者の社会復帰に関する相談に応じ、助言、指導、日常生活への適応のために必要な訓練、その他の援助を行う専門職のための資格です。
従来、PSW(Psychiatric Social Worker:精神科ソーシャルワーカー)の名称で相談業務にあたってきましたが、平成10年4月からこのPSWの業務に該当する国家資格として、精神保健福祉士の制度がスタートしました。

精神保健福祉士になるには
精神保健福祉士になるにはになるためには、「精神保健福祉士国家試験」に合格しなければなりません。また、この国家試験を受験するためには、法律で定められた受験資格が必要です。

精神保健福祉士資格取得ルート

精神保健福祉士資格取得ルート

受験資格

精神保健福祉士国家試験の受験資格は、法令等により次の(1)、(2)いずれかに該当する者となっています。

(1)大学等で「指定科目」を履修した者

大学等で「指定科目」を履修した者

(2)精神保健福祉士「養成施設」を卒業した者

社会福祉士「一般養成施設」を卒業した者