12月20日(火)

災害ボランティアセンター設置・運営シミュレーションをラポールひらかたで開催しました。

今年度は、市内で大規模な地震が発生した状況を想定した訓練であり、被災者支援のために駆けつけた災害ボランティア役として約30名のボランティアさんにご協力いただきました。

訓練ではセンターでの受付から、Googleフォームを活用したニーズの収集、災害ボランティアのコーディネート、災害ボランティアセンターの動きを実際に体験していただきました。

コロナ禍での大規模災害により、市(府)外からの災害ボランティアの受け入れが難しく、地元のボランティアの力が頼りになります。災害に備えてみんなで助け合える地域を目指していきます。